いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)

アクセスカウンタ

zoom RSS 三鷹市どんぐり山の戦跡

<<   作成日時 : 2009/02/14 22:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 すごく温かくて、もうすぐ春!という感じでしたね〜。実は今日、ある人の紹介で、三鷹市の「椎の実子供の家」という保育園の園庭にあるという、戦跡を見学に行きました。

 ここには、戦時中、調布飛行場を守るために、六門の高射砲が設置されていたそうです。そして、1945年2月17日に、米空軍の攻撃を受けて、4名の戦死者が出たということです。
毎年2月17日に慰霊の行事がおこなわれるのですが、私はその日、都合がつかなくて、今日来たのです。

下の写真が園庭にあった、高射砲の台座です。

画像


画像


ひとつは、周囲に植え込みなどがありますが、台座そのものは、ほぼ原型のまま…でしょうか?
もうひとつは、タイルを貼り、モニュメントをかざっています。これは、昔、実際に使っていたプラネタリウムの機械です。写真に建物の入り口らしきものが写っているのがわかるでしょうか?
この建物の中で使っていたそうです。今は、貸し部屋として地域で活用されています。

芝生のひろばがあり、そこに慰霊碑があります。「首都防衛高射砲陣地跡」と書いてありました。
ここに花をお供えして黙祷しました。

画像


戦争の遺跡を保存するということは、後世に事実を伝えるうえで、とても大切なことだと思います。この場所は、深大寺から、ちょっと三鷹のほうにはいってすぐのところです。

保育園に隣接して、特別擁護老人ホームがあり、同じ社会福祉法人が運営しています。
特別養護老人ホームの中には、建設工事のときに出土した縄文時代の遺跡などが展示してありました。

戦争で大変な苦労をして生き抜いて、戦後の日本を焼け野原から立て直してきたお年よりのことを思いつつ、未来を担う子どもたちの元気な声を聞きながら、この子たちを戦場に送るようなことは、決してあってはならないと、決意を新たにしました。

 園庭に梅の花が、たくさん咲いていました。

この戦跡のことを教えてくれて、案内してくれたTさん、突然の訪問にいやな顔ひとつせず、応対してくれた保育園と理事長さんに、心から感謝、感謝です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三鷹市どんぐり山の戦跡 いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる