いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)

アクセスカウンタ

zoom RSS 公立保育園の「民営化」について考える

<<   作成日時 : 2009/02/17 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は、仙川保育園の民営化と、調布市が発表した調布市が発表した「公立保育園のあり方」についての説明会が、近くの公立保育園で父母を対象に開催されました。
 私も、参加して父母みなさんの意見を聞きました。

 あかちゃんをだっこして参加していたあるお母さん、「認証保育園2園に申し込んで、どっちもキャンセル待ち」「今ある公立保育園を民営化しても解決にならない」「保育園を増やしてほしい」と切々と訴えていました。
 ほかのお母さんも、「民営化したからといって定員枠が増えるわけじゃない」「公設民営で保育園を新設すればいい」「現状でうまくいっている公立保育園をわざわざ民間にするより、民間の保育園を新たに誘致して欲しい」「そのほうが待機児解消になる」…まったく正論です。

 市の回答は、「認可保育園を増やすと、いずれ子どもが減ったときに困る」だって!

 そんな、のんきなことを言っていられる状況か!と言いたい。 
以前のブログにも書きましたが、調布市の保育園の申し込み状況を見ると、大変な事態です。フルタイムで働いている人でも、入れるとは限らないという厳しい状況なのに。
 新年度、調布市では、認可保育園の新設も定員拡大もゼロ!

 かつては公私間格差是正のための補助金が都からでていましたが、石原知事はこれをばっさり切ってしまいました。この影響額は、ひとつの保育園で数千万円です。これが人件費や事業費にしわ寄せされているのですから、民間保育園の経営は大変です。
 民間保育園の補助金を削減しながら、行政は「民間はこんなに安上がり」と言って、公立保育園を民間委託する理由にしているのですから、ひどい話です。

 あるお父さんが「財政力指数はどうなっているのか」と質問。答えにつまった市の職員が私の顔を見るので、私は「三多摩トップクラス、府中、武蔵野と並ぶ水準です」と答えました。

 市の説明会なのに、私にふらないでよ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
公立保育園の「民営化」について考える いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる