いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)

アクセスカウンタ

zoom RSS 都議選の投票日、バリアフリーについて考える

<<   作成日時 : 2009/07/14 22:17   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

 知り合いの高齢者から、「投票所にいくのに介助してほしい」と言われて、投票日、行きました。
 その方のお宅は、投票所になっている小学校の近所ですが、高齢で足が悪く、歩いていくのは大変なのです。転んだりして骨折でもしたら、それこそ、そのまま寝たきりになってしまいかねないわけで、ちょっとした外出のときにも、介助は重要です。
 私も、こういう介助は初めてで緊張しました。

 投票所に行くと、市の職員の方が車椅子を出してくれ、構内での移動は、車椅子が使えて楽だ…と、思ったのですが…これが、大変!

 結構段差やデコボコがあり、車椅子も楽ではありませんでした。一応、スロープも用意しているのですが、その斜面が怖いのです。
 「ちょっと!落とさないでよ!」「やっぱり、歩く!」
 と怖がるおばあさんをなだめながら、やっとの思いで、投票所の体育館へ。小学校の構内をこんなに広く感じたのは初めてです。

 帰りも車椅子を使わせていただいて助かりました。

 しかし、「バリアフリー」って、誰でも言うようになりましたが、簡単じゃないなと痛感しました。

 わずかな段差も、車椅子には大きな障害になるのです。
 校門の鉄の柵がのっているレール、これをのり越えることができないのです。
 全部で数十メートルの移動でしたが、命がけの大冒険!でした。

 投票所の職員のみなさん、とても親切でした。
 「こんなに大勢の人に迷惑をかけるぐらいなら、こなきゃよかった」とこぼすおばあさんに、「いいえ、よく来て下さいました。次も必ず来て下さい。お待ちしています」とやさしく声をかける姿に感動!

 公務員って悪く言われることが多いけど、まじめに頑張っている人も大勢いるということを、みんなに知って欲しいと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
認知症,認知症治療,痴呆,アルツハイマー,老人,老人認知症,若年認知症
認知症いわゆる認知症治療はいままで痴呆といわれていました。アルツハイマーも認知症の一種です。老人がなる老人認知症以外に若年認知症もあります。 ...続きを見る
認知症「痴呆」の治療法
2009/08/12 04:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
都議選の投票日、バリアフリーについて考える いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる