いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)

アクセスカウンタ

zoom RSS 寒くなりましたね

<<   作成日時 : 2009/12/23 21:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

 本格的に寒くなってきました。
 去年の今ごろ、あるホームレスの方に声をかけて、生活保護の申請を案内しました。路上で生活保護を受けることはできませんから、ホームレスの方の場合は、まず低額宿泊所に入ることになります。そこから、社会生活になじんでいって、一般居宅…普通にアパートを借りて住むこと…へと移行することになります。ところが、その方の場合、入居先でトラブルをおこして、あっというまに路上生活に逆戻りしてしまいました。
 私もショックでしたが、でも、これがきっかけになって、ホームレスの方に声をかけることが多くなり、これまで、3人の方が路上生活から抜け出すことができました。
 そのうち一人は女性の方。市役所の近くで寝泊りしてました。
 コートなど防寒着をくれたりして、支援してくれる人がいたそうです。

 このホームレスの女性を支援してくださっていた方、最近、姿が見えなくなって心配しているかもしれませんが、無事、路上生活から抜け出したので安心してください。
 ただ、最初に声をかけた方だけは、うまくいかなくて、ついに2年目の冬を迎えることになりました。
 ある人は、借金取りから逃げるためにホームレスになったそうです。今でも、見つかることを恐れて、路上で隠れて暮らしています。

 12月議会の一般質問では、ホームレス対策についてとりあげました。

@ 民間の低額宿泊所について、「届出制」ではなく、「許可制」にして、悪質な業者が進出できないように規制を強化し、そのかわり、基準を満たしたものには、行政から補助金を出すこと。

A 市の責任で、一時宿泊施設を設置すること…新たに施設を作らなくても、民間のアパートを借り上げたりすれば、コストも抑えられます。

B 路上で冬を越す人を、一人も出さないように、声をかけること…市内のホームレスは数人。全員に声をかけて、生活保護の申請を案内することは、不可能ではありません。
 
 難しいのは、生活保護が申請主義であり、本人が申請しないと事が始まらないということです。そして、ホームレスの方は、いろいろな事情で、行政と(世間と?)かかわることに対して、積極的でない場合が多いのです。

 23区では、東京都のホームレス対策事業があり、生活保護を受ける以前に、まず、施設に入って、そこから就労、あるいは生活保護というふうに、対応が分かれます。23区に比べてホームレスが少ない多摩部では、こうしたホームレス対策事業ああリません。これも三多摩格差のひとつです。

 市だけの努力では、ホームレス解消は難しいでしょう。それでも、なにかできることはあるはず。私も、これからも、声をかけていこうと思います。

 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された」(ヨハネの福音書)

 …明日は、クリスマスイブ。すべての人が、あたたかいクリスマスを過ごせることを願わずにはいられません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ!イブを皆が祝える社会を!
心から思います。消費税導入21年目!怒りの24日!各界連の署名行動に参加してきましたが、参加者サンタさん衣装含め20数人!高橋議員も参加して訴えましたが、署名97筆です。寒さもあるのですが、消費税賛成者、子ども手当てばかりで、おとしよりいじめだと反対など世論と運動を再構築していく必要性を強く感じました。
 集金にいくのが怖い!事務局。美容院さんお客さんが貸してる家賃数ヶ月貯まってとれそうもないなどいろんな悲鳴が聞かされ胸痛みます。
和さん
2009/12/24 18:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
寒くなりましたね いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる