いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)

アクセスカウンタ

zoom RSS いよいよ9月議会、調布市の教育行政は?

<<   作成日時 : 2013/08/28 10:54   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 9月2日から、調布市議会第3回定例会が始まります。
 通称「9月議会」と言われるこの定例会は、前年度の決算を審議する議会です。

 24年度は、特に教育関係で大きな問題がおこっています。
 アレルギーによる児童の死亡事故、そして担任教員による暴言問題…。

 それぞれ、しっかりと問題を総括して、再発防止に努めるとともに、教育行政の改革に結実させていかなければならない問題です。

 この間の定例会で、私は教育行政の改革について、たびたび取り上げてきましたが、24年度の決算審議は、これらの問題についても議論していく場となるでしょう。

 調布市教育委員会は、毎年「調布市教育委員会の権限に属する事務の管理及び執行の状況の点検及び評価報告書」を作成しています。

 長い名前ですが…簡単に言えば、1年間やってきた教育委員会の事業について、ひとつひとつ自己評価と点検をおこなっているわけです。

 この「評価書」のなかで、これらの事件についてどのように総括され、改革の方向が示されているのか、私は関心を持って読んだのですが…。

 なんと!

 一言もふれてない!

 あれだけの問題が発覚していながら、まったくふれられていない…。

 それぞれの事業の到達をABCで評価するのですが、ほとんど「A」…つまり最高点です。

 あれだけの問題が起きていながら、自己改革しようとする意欲も、問題意識の片鱗さえも感じられません。

 アレルギーについては、専門家を交えて検討し、新たな対策を打ち出した報告書がまとめられ、着々と進めてきていることはわかりますが、教員による暴言問題はどうでしょうか?

 何年も前から、父母や児童の間では周知の事実であったにもかかわらず、学校や教育委員会では、父母からボイスレコーダーという証拠を突きつけられるまで、事態を把握できず、対処できませんでした。このような教育行政のシステムそのものの改革が求められているという点で、非常に重たい課題です。

 にもかかわらず、この問題については、行政の取り組みが、全く見えてきません。 

 私は、これらの問題について、9月2日から始まる市議会定例会の本会議で、議案上程のときの質疑と、一般質問でとりあげていこうと準備しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いよいよ9月議会、調布市の教育行政は? いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる