いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)

アクセスカウンタ

zoom RSS 子育て家庭への経済的支援と待機児対策として、認証保育料の補助を増額するための予算修正を提案しました。

<<   作成日時 : 2014/03/28 17:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 3月26日に閉会した調布市議会第一回定例会で、認証保育園の保育料助成を増額するための予算修正提案について、私が提案理由を説明し、質疑に対して答えているところが、調布市のホームページでアップされました。

http://www.gikai.net/dvl-chofu/2.html

 「3/26(水)」「議案上程」「委員長報告・質疑・討論」のところの「再生」をクリックすると、録画中継の再生が始まります。23:40ぐらいから、私の提案理由の説明が始まります。

 質問に対する答弁で使用したパネルは、質疑を想定して事前に用意したもの。

録画で見ると和やかにやってるように見えますが、結構、緊張しています。

画像


 私が答えた後、質問者が「助成を倍額にしなくても、認証保育園の空きは埋まるのではないか」と言ってましたが、保育園の空きを埋めるのが待機児対策ではなく、4月から働きたいのに預ける先がないという父母の悩みに答えるのが待機児対策です。

「費用対効果」と他の会派も反対理由で言っていたけど…。

要するに、こんなことに税金をつかうのはもったいないという意味です。

子どもたちの成長と母親の就労を保障するためのコスト…いくらぐらいならいいっていうんだろう?

「解消策として、認可保育園をつくるべき」というのは当たり前。
ただ施設の新設は、お金も時間もかかります。

この4月にどうするか、ということでは、他の会派からはなんの提案もありませんでした。

実は、私たち日本共産党議員団は、3月7日に今回の予算修正の提案を各会派に文書で示して、待機児解消のために共同提案することを申し入れていました。

みんなで提案して実現することを期待していましたが…。

共同提案どころか、日本共産党以外はみんな反対して否決となりました。

これらの会派は、300名を超えることが予想されている待機児に対して、責任は感じないのでしょうか?

議案提案権があるのですから、市民の願いに応えるために活用すべきと思うのですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子育て家庭への経済的支援と待機児対策として、認証保育料の補助を増額するための予算修正を提案しました。 いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる