いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)

アクセスカウンタ

zoom RSS 緊急輸送道路の周辺建築物の耐震改修について

<<   作成日時 : 2014/06/13 08:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 大きな災害がおこったときに、復旧や救援のために重要な道路を「緊急輸送道路」として、その周辺の建築物が倒壊して緊急時の輸送の妨げとならないよう、耐震改修がすすめられています。
 しかし、計画どおりには進んでいないのが現状です。

 6月議会では、一般質問でこのことについてとりあげました。

質問 緊急輸送道路の周辺建築物の耐震改修について、東京都の事業としてこれは優先的に進められていると認識しているが、街道沿いなので、事業所が多い。そうすると大がかりな改修工事をおこなうとなれば、事業への影響も出てくる。飲食店関係はなおさら深刻で、耐震改修のための数か月間、店を閉めてしまったら、それだけでも深刻な影響が出るし、その間にお客をとられてしまうことになるので、改修したくてもできないという声がよせられている。
災害時の緊急輸送道路の確保という公共的な意味合いを考えれば、なんらかの支援はあるべきと考えるし、実際、それをしないと進まないと思うのだが、以下の点について伺う。

*進捗状況はどうか
*工事中に休業を余儀なくされるために、改修に踏み出せない実態について
*こうした店舗・事業所への対策を求める

答弁 この事業は平成27年度末までに耐震化率100%をめざしている。耐震診断実施率が53.4%、補助対象建築物の耐震化率が21.9%と、目標と比べて乖離がある。
 店舗、事業所等について、補助対象建築物は平成26年3月末で全73棟中54棟あり、うち7棟がすでに改修を終えた。 
 休業補償については、現在、補助対象となっておらず、市区町村では大きな課題としてとらえており、今まで都に対して要望をおこなってきたが、補助の実現には至っていない。今後も、あらゆる機会を通じて、休業保障等への補助拡充について、国や東京都に要望していく。

 課題は多々あるようですが、これを解決していくために、引き続き頑張ります。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊急輸送道路の周辺建築物の耐震改修について いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる