いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成27年度予算案、認可保育園増設8園など前進!認証保育所等の保育料助成の増額も盛り込まれる予定。

<<   作成日時 : 2015/01/31 09:35   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本共産党調布市議団は、先日、平成27年度調布市一般会計予算案の概要について説明を受けました。
 画期的なのは、待機児対策です。

 認可保育園の増設が8園

 去年の市長選挙で、長友市長は候補者アンケートに対して、待機児解消の目標年度を「2015年」と回答していることを受けて、私は、市長選挙のあとの最初の定例会、第3回定例会で、待機児解消のためにどうするのか質問しました。
 市長の答えは「最大限可能な限りの対策を講じて、できるだけ早期に待機児童を解消すべく尽力」「今年度策定する新制度に基づく調布市の子ども・子育て支援事業計画に、今後の施設整備を計画的に実施できるよう、年度ごとの整備目標を掲げていく予定」「国の待機児童解消加速化プランによる補助制度を最大限活用するため、平成27年度から平成29年度までの3年間で集中的に整備を進める計画としていく」とのことでした。

 そして、昨年の12月議会で認可保育園を新たに2園増やすための補正予算が市長から提案され可決。
 平成27年度の予算案では、認可保育園8園開設のための予算が計上されました。

 現在、策定中の「ちょうふっ子すこやかプラン」では、待機児解消のために、認可保育園を、27年度に6園開設、28年度は8園、これで現時点で想定している入園申し込みを定員が上回る…つまり、待機児がゼロになる見通しですが、さらに入園申し込みが増えることも想定して、29年度に6園、30年度に5園、認可保育園を増やすことになっています。

 認証保育料補助の増額

 認証保育所は、待機児解消の一翼を担っていますが、認可に比べて保育料が高いのが問題です。しかも、認可に入れない人が認証に行くので、パートの人など、収入が少ない人のほうが高い保育料をはらうという不公平を生み出しています。
 日本共産党は、認証保育所の保育料への補助を増額するために、昨年の3月議会で予算修正案を提案しました。これは日本共産党以外の会派が反対して否決されてしまいましたが、市長の提案で、新年度の予算に盛り込まれたことは前進です。内容は、認証保育所等の保育料への補助について、中、低所得者のへの補助を1・5倍にするというものです。

 安心して働き、子育てできる調布市へ、これからも、頑張ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成27年度予算案、認可保育園増設8園など前進!認証保育所等の保育料助成の増額も盛り込まれる予定。 いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる