いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)

アクセスカウンタ

zoom RSS 7月26日に起こった飛行機墜落事故の被害者の生活再建を支援する貸付金制度

<<   作成日時 : 2015/12/10 17:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

現在会期中の調布市議会第4回定例会に、追加議案として「調布市小型機墜落事故による生活再建支援資金貸付条例」が送付されました。


画像


これは、その名の通り、7月26日に起こった小型機墜落事故の被害者に対し、生活再建を支援する目的のもので、住宅の建て替えは上限1500万、住宅の改修は上限500万、住宅の除却は上限200万、家財その他の物品の買い替え等には上限200万で、無利子の貸し付けをおこなうものです。

事故の調査が終わり、加害者が誰なのか、はっきりするまでなんの補償もない…だから、住宅が一部破損したり焼けたりした被害者には、いまだになんの補償もありません。

本来なら東京都がやることですが、長友市長、よく決断したと思います。

市議会としても超党派で求めてきたことが一歩前進です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7月26日に起こった飛行機墜落事故の被害者の生活再建を支援する貸付金制度 いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる