いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)

アクセスカウンタ

zoom RSS ホームからの転落事故を防ぐために

<<   作成日時 : 2016/10/03 00:28   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

8月15日、東京メトロ銀座線青山1丁目駅で、盲導犬を連れた男性がホームから転落、死亡するという痛ましい事故が起こりました。

こうした事故を繰り返さないために、調布市内の駅や駅周辺の道路を点検しました。

これは、調布駅のパルコの北側、再開発で新しくできたビルとの境目で点字ブロックがずれてクランクになっています。
なぜ、初めからまっすぐに接続できるようにつくらないのでしょうか。
画像


ここはつつじヶ丘駅の北口、横断歩道の手前で、注意を喚起し立ち止まることを知らせる警告ブロックが、マンホールのふたで、ザックリときれています。
警告ブロックは、横断歩道の手前などに2重に設置してあるのが普通。気が付かなくて道路に出てしまうと事故になる可能性があるからです。このままでは危険ではないでしょうか。
画像


ここは仙川駅。
点字ブロックの先に、立ちふさがるように車止めが立っています。歩行者の安全のために、歩車分離は有効な方法ですが…。
画像


これはつつじヶ丘駅の地下通路「とおりゃんせ」。
この車止めは、通路内を自転車で走行することを防ぐためと理解していますが、完全に点字ブロックの先にたちふさがっています。これでは、「とおりゃんせ」ではなくて「通せんぼ」。
画像



事故がおこった銀座線青山1丁目駅にいってみました。
たしかに、柱が点字ブロックの上に立っています。
画像

新宿駅で丸の内線から銀座線に乗り換える赤坂見附の駅も…。
画像


こういう駅がたくさんあるのでしょう。

そして調布では、飛田給駅で…。
画像


おなじ飛田給駅の下りのホームには、転落防止の柵が設置されていました。
画像

ホームドアを全駅につけることが理想ですが、当面、この柵を早急に設置してほしいですね。

調布市議会第3回定例会の一般質問で、こうした問題点を指摘して、改善するよう求めました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホームからの転落事故を防ぐために いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる