いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)

アクセスカウンタ

zoom RSS 豊洲新市場予定地で問題になっている土壌汚染…調布市の場合

<<   作成日時 : 2017/04/15 21:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

築地市場の移転予定地である豊洲新市場の土壌や地下水の汚染が問題になっていますが、実は調布市でも、「土壌汚染」が問題になったことがありました。

環境対策の一環として、市の土地を民間に売却して「ガススタンド」を誘致するという話があったのです。

その建設のための予定地で、汚染が検出されました。

環境基準の1900倍のテトラクロロエチレン、他、トリクロロエチレンやシス-1,2ジクロロエチレンなどです。

そこで調布市は、深さ4メートルまで、きれいな土と入れ替え、4メートルから30メートルの深さまで、微生物の働きを活性化させる薬剤を注入、有害物質の分解作用を促進することにしました。

結果的には、これがうまくいかず、ガススタンド誘致の話自体が無くなりました。

環境基準以上に汚染された土地の上には、ガススタンドもつくれなかったのです。

ちなみに、土壌汚染を理由にガススタンドをつくれないと判断した民間企業は、東京ガスでした。

以下、平成23年、第4回定例会での、市長答弁からの抜粋です。

「最後に、天然ガススタンド用地についてであります。 同用地については、平成19年度に市が天然ガススタンド事業を誘致する予定地とした後、土壌汚染の状況が確認されましたことから、調布市土地開発公社が土壌改良工事を行いましたが、土壌汚染を完全に浄化するまでには至らず施工を終了しております。 」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
豊洲新市場予定地で問題になっている土壌汚染…調布市の場合 いび通信 (調布市議会議員 いび匡利 日本共産党)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる